2017年2月26日日曜日

PX-Q3PEをCentOSで使う(未完成)

PLEXの8チャンネルチューナーのQ3PEを動かそうと思ったときに情報が少なかったのでまとめておく。

Q3PEのドライバがgithubにあるのでダウンロードして登録する
cd /usr/local/src/
git clone https://github.com/project-pp/px_drv.git
cp /usr/local/src/px_drv/driver/pxq3pe_dtv.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/video
depmod

再起動して
ls /dev/pxq3*
/dev/pxq3pe0  /dev/pxq3pe2  /dev/pxq3pe4  /dev/pxq3pe6 /dev/pxq3pe1  /dev/pxq3pe3  /dev/pxq3pe5  /dev/pxq3pe7
となったら成功

テストとして一旦SodtCasを使った。
Keys.hとKeys.cppはどこかから探してきて、

yum install pcsc-lite-devel
cd /usr/local/src/
wget http://www.wazoku.net/softcas.zip
unzip softcas.zip
cd softcas
wget -O winscard.cpp http://pastebin.com/raw/5144Ah9g
wget -O Makefile http://pastebin.com/raw/FQdSixkB
make


libpcscliteを上書きするのは嫌なのでlibpcsckaiに名前を変更する。

cp /usr/lib64/pkgconfig/libpcsclite.pc /usr/lib64/pkgconfig/libpcsckai.pc
vi /usr/lib64/pkgconfig/libpcsckai.pc

10行目のLibs: -L${libdir} -lpcscliteをLibs: -L${libdir} -lpcsckaiとする。

cp libpcsclite.so.1.0.0 /usr/lib64/libpcsckai.so


あとはlibpcsckaiに対応したlibarib25のコンパイルを行う
git clone https://github.com/stz2012/libarib25.git
cd libarib25/cmake
cmake ..
make

ibarib25のMakefileの

FindWINSCARD.cmake


pkg_check_modules(WINSCARD REQUIRED libpcsclite)


pkg_check_modules(WINSCARD REQUIRED libpcsckai)

と修正してmakeする。


次はQ3PE対応のrecpt1のビルド

cd px_drv/recpt1
aclocal -I .
autoheader
autoconf
./configure --enable-b25
make
make install

これで完了。

CentOS6.8 + Q3PE + Softcasで録画ができました。



Chinachuを動かすためにNodeJSをいれます。
epelから入れたいので
wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm
vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
 
enabled=1
 ↓
enabled=0

0 件のコメント:

コメントを投稿

お問い合わせフォーム

名前

メール *

メッセージ *